ひとり語り オリジナル「椿紅もゆる頃」