2020年4月11日(土) 石田くみ子 ひとり芝居「槐伝説」~ENJYU~チケット販売開始しました!!

2020年4月11日(土)  石田くみ子 ひとり芝居「槐伝説ENJYU~

 二回公演          

昼の部 開演13:30 (開場13:00)    

夜の部 開演18:30 (開場18:00)

☆全席自由 ※未就学児のご入場はご遠慮願います

 作・演出・構成・表現 石田くみ子 

 繋ぎビトが語る 龍と少女《澪》の不思議な心の物語

 

【共催】社会福祉法人 育夢
【後援】豊中市・豊中市教育委員会・豊中市社会福祉協議会

【協力】田中隆夫(勧世流能楽師)

【会場】豊中市立文化芸術センター 小ホール 大阪府豊中市曽根東町3-7-2
阪急宝塚線「曽根」駅 徒歩5分

《チケット》前売 3,500円 当日 4,000円
《お申し込み/お問合せ おふぃすK 090-9257-0872   kumiko.ishida@i-love-soul.com

◆Webチケット販売◆  ■(イープラス) http://eplus.jp『槐伝説』で検索〈直接購入☆ファミリーマート Famiポート〉 

■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)https://eplus.jp/sf/detail/3053150001-P0030001

守りたい! その想いがわたしを変える 

声を封印したその少女は 瞳で温もりを 唇に愁いを…手話で想いを伝える

 —————————————

《 あらすじ 》

傷ついた龍の子を助けた物言わぬ少女の名は《澪・みお》

龍の子につけられた名前は《槐・えんじゅ》

その子は湖の守り神である龍の跡継ぎ

数年後に出会う二人の運命は…澪の命を奪う龍となり澪の前に現れる

「この五本の指は あなたの後を継ぐ為でも

王の証の栄光の玉を掴む為でもない 大切な人を守る為」

槐はその言葉発し 父龍の教えに初めて逆らう  槐の運命は…

《貫く愛》《生きぬく魂》 …守りたい!その心抱きしめ立ち向かう勇気

その想いを《繋ぎビト》が語り始める…

 —————————————

繋ぎ人が演じる、多くの人物の言葉に表現に、心を傾けて頂けましたなら幸せです。

姿、形は違えども、大切な何かを守りたい!…その思いは同じであり、与えられた命の中で、守りたいと思える何かに、誰かに…出会えるその幸せを、この物語に織り込みました。

木に鬼と書いて《えんじゅ》名前から感じる怖さとは違い、花の色は柔らかい白やクリーム色…  花言葉は上品、幸福、慕情…とても強い木であり、縁起の良い木だそうです。

物語の会話の中に手話を交え、サインランゲージ・ダンスとは また違う表現で織り成す舞台を…物語をお届けいたします 。

その魂の優しさに…強さに…愛に触れてください。

ジョーゼットを使い、湖のほとり・海の中・小屋の中等の空間を表現します。 舞台での幻想的な空間をお楽しみ下さい。

劇中のオリジナル曲は、作品のイメージでの中で生まれました。美しい音色に歌にご注目下さい。

空間を香りで彩るオリジナル精油は ★MIO~澪~★です。
霧に囲まれた深い湖と新緑の神秘的な空間の香りの中に優しい少女澪の香りを表現しました。

独創的な表現・・・  サインランゲージ・ダンスで心織りなす物語                                   ストーリー性のあるオリジナル曲で織り成すひとり芝居
ISHIDAのしなやかで情熱的な五感で感じる魂の躍動する舞台をご堪能ください

  —————————————

2020槐伝説フライヤー【完成版】表

2020槐伝説フライヤー【完成版】表

2020槐伝説フライヤー【完成版】裏

2020槐伝説フライヤー【完成版】裏

 


 

 

 

2019年6月 STUDIO73「槐」公演写真

槐

槐

槐

 

槐

槐

槐

槐

槐

槐

槐

槐

槐

槐