いしだ くみ子

肩書き

おふぃすK主宰、劇団主宰、役者(ドラマパフォーマー)、手話アーティスト、演劇指導講師、サインランゲージ・ダンス教室塾長、ソーシャルアロマセラピスト、着付け講師

メッセージ

言葉では伝えきれない愛がある・・・
歌では語りきれない夢がある

いくつになっても夢やロマンを語れる人でありたい・・・

自己紹介

ISHIDAにとって・・・舞台とは 自分の生き様

芝居とは人生・・・何が起きるかわからない ドキドキはらはら それが楽しい

音響 照明も素晴らしい相方であり
役者・・・すべてを楽しむ《夢列車》

崖っぷち歩いてる人生・・・スリルとサスペンス!たまにホラーっぽい中に危脳〇な一面も覗かしながら

・・・なのに泣けるほど切ない・・・多くの出逢いと別れの繰り返し

そんな がむしゃら 武者修行人生・・・空間生きてるそんな奴 野性的本能と直感
その心と身体で感じてきた全てを表現。 それがIshidaの空間 どこにもない世界

こんな我々の《夢列車》の旅 楽しみませんか

経歴

Year Activities
-劇団「大阪」に2年間所属
1992年 手話と出会う
山崎保育園の父母の会にて劇団「プリティ・ママ」立ち上げ
1994年 親子で演じる劇団「あるくおもちゃ箱」結成
≪夢・希望・勇気そして…愛≫をテーマに、手話を独創的な「パロム・ダーム」(魂の言葉)としてダンスに取り入れ、物語を織りなすオリジナリティ豊かな舞台をメンバーと共に公演
2000年 【ひとり芝居】【二人芝居】【ひとり語り】【サインランゲージ・ダンス指導】中心に活動
京阪神等などの幼稚園・小・中学校や自治会、京大病院・阪大病院など依頼公演
2004年 大阪府三島郡島本町教育委員会依頼による「サインランゲージ・ダンス講習会」(10回コース)講師を5年間務める
2008年 【ひとり芝居】を中心に≪おふぃすK≫として、新しく手話での表現を広げるため、ミュージックセラピスト・中村裕美子の弾き語りとサインランゲージ・ダンスとのコラボレーションに語りも織り込み、歌をより一層ドラマチックに演出する【心憧☆KO-DOU】を立ち上げ、高槻Jazzストリート・BARレストランなど多方面でLIVE活動

サイン ランゲージ・ダンス(Sign Language Dance)とは(Ishidaオリジナルダンス)

二人の子どもが入退院を繰り返す中、自分自身何かを学びたいと強く思った時に出逢った手話。

その手話をダンスに取り入れ物語を演じられたら…と考えだした手話を取り入れた、身体全体を使う独創的な心の表現ダンスです。

リンク

Facebook